第8話「搭乗口へ」

<前回までのあらすじ> 秘密営業部員を退職して、世界の車窓を目指してヨーロッパに向かう、栗金団じゅんたろう。その途中で会社(組織)転覆を狙う元上司から刺客が送られてくることになる。しかし持ち前の機転とジョークで、次々と攻撃をかわしていく。 エスカレーターに乗って、搭乗口のあるフロアに向かった。 4階の…